解体工事の悩みどころ!利用者の多くが抱えていたことに迫る

解体工事とは実際どうなのか

解体工事は、いつ頃から依頼をすればいいのか、あるいはどんなことで困りやすいのか気になりますか。建物の解体でも、現場に応じて状況は変わります。そこで、解体工事を利用した人は実際に何で悩んだのかを見てみましょう。

他の人ってどうしている?解体工事で気になることベスト5

no.1

解体工事依頼は半年から3カ月以内

解体工事も、いつ頃行うかが悩ましいところ。
工事が完了するまでにかかる期間は、建物の素材や坪にもよりますが、早くて10日・遅くて2週間程はかかります。余裕を持って建物の解体工事を依頼する人のほとんどが、半年以内か3カ月以内に業者へお問い合わせする人が多いです。

no.2

多い依頼は空家の解体

解体工事依頼で多いのは、空き家の撤去です。
2017年5月26日施行された空き家対策特別措置法によって、特定が困難だった空き家所有者を固定資産税納税記録で明らかにできるようになったからです。空き家の所有者と判明したら、軽減措置が取られていた固定資産税が元の支払額に戻ってしまいます。ただ、自治体によって自主的に解体工事を行ったら固定資産税の軽減を継続するところも。

no.3

解体した後の土地活用

解体工事後の土地をどう活用すれば良いか迷いやすいものです。
土地も所有しているなら、解体工事後にそのまま売却する方法もあります。また、休遊地として有効活用する手もあり、有料駐車場や太陽光発電を設置し資産を潤わそうとする方もいます。

no.4

不用品の処分方法

解体工事で、多くの人が悩むのが解体予定の建物内にある家財品です。
この問題は、空き家がある土地から遠くにお住まいの方にとって手間のかかる問題です。自宅に持ち帰るのも手間がかかりますので、本当に不要だと判断したら解体工事業者に不用品処分の見積もり作成も依頼しましょう。

no.5

解体工事業者選びは金額がきになる

解体工事は、土地にある建物をなくして何もない土地に変える作業です。そのため、依頼する業者探しでは金額を重視しがちになります。
確かに、安ければ費用的に助かると思われがちです。しかし、解体業界は新規参入がしやすく、良い業者や悪い業者が入り混じっています。金額も重要ですが、品質や実績にスタッフの対応力をしっかりチェックしましょう。

解体工事の悩みどころ!利用者の多くが抱えていたことに迫る

解体工事

業者選びは簡単なようで難しい!

解体工事業者探しには、あらゆる落とし穴があります。例えば、知っている建築関連会社を経由して見つけた業者に見積もりを依頼したら高額な中間マージンが発生した。また、自分でコンタクトを取った業者は、見積もりでは安かったのに追加作業が必要と言われ追加料金を支払ったといったトラブルに見舞われることも。

良い業者と出会うには

解体工事の業者を選ぶ際、どんな解体工事を得意としているのか見極めが肝心です。一重に、解体工事でも建物の材質や工事の規模をとっても千差万別です。解体予定の建物は、果たして依頼予定先の業者が得意としているのか今一度確認を。

費用を安くするために

工務店やハウスメーカーといった建築関連業者に頼れば、解体工事業者探しの手間が省けます。
しかし、間で中間マージンが生じてしまうため費用負担がましてしまいます。直接解体工事業者を見つければ、費用を一般的にかかる費用よりも20%程抑えられることもあるので、じっくりと下記のチェックポイントを踏まえて探して見てはいかがでしょうか。

当てはまれば優良!業者探しで役立つチェックリスト

  • 解体工事業登録
  • HPに会社所在記載
  • 自社で重機を所有
  • マニフェストの発行・写しの印刷提供
  • 行政処分歴なし
  • 保険に加入済
  • 支払い方法明確
  • 電話対応の良さ
  • 説明がわかりやすい
  • 反社会的勢力との繋がりなし

広告募集中