滅多に依頼する機会がないからこそ業者は吟味すべき!

解体工事の依頼は、中々行う機会が少ないものです。だからこそ、業者探しは慎重に動くべきなのです。
悪徳な業者に引っかからないために、基本的な業者の探し方を把握しましょう。

依頼前に知っておくべき!解体工事依頼の基本

解体工事業者を複数探す

解体工事を依頼する業者は、複数の依頼先候補をあげて金額やスタッフの対応方法などを比較するのが鉄則です。知人や知っているハウスメーカー・工務店からの紹介だから鵜呑みにしてはいけません。後々、別の業者が対応がよかった、あるいは安かったということになりかねません。知人・ハウスメーカー・工務店からの紹介を含め、依頼候補は複数見つけましょう。

現地調査は何を確認するのか

解体工事業者は、解体予定の建物の状態と立地がどうなっているのか、実際に見てから正確な見積もり金額を算出できます。業者を選定する場合、「建物構造と状態・近隣の環境・工事専用機器の搬入ルート」の建物や敷地のことと「敷地境界線確認・地中物確認・工事後の土地整備希望」工事内容に関することをちゃんとチェックしているか見てみましょう。

見積もりの受け取りの真実

解体工事業者は、現地調査後に見積もりを作成してくれます。見積もりの作成で、知っておきたいのは「見積もりを手渡されたら、必ず依頼をしないといけないわけではない」ことです。せっかく来てくれたからと、気を使って現地調査後にすぐ依頼をするのは避けて、色々な業者の現地調査や見積もり、スタッフの対応力を見て吟味しましょう。

見積書は業者によって書き方が違う!

見積書は、どの業者も同じ書き口ではありません。業者によっては、金額だけで細かい内容を記載していない場合もあります。解体工事中や完了後などでトラブルに巻き込まれないためには、明確で何に費用を費やしているのかわかりやすく書かれている見積書を出してくれる業者かどうかを見極めてください。

契約書内容にも気を配る!注視すべき3つの項目

解体工事業者との契約を交わす際、90%程の人が契約書を目にします。しかし、ただサインをするだけのものと捉えてはいけません。契約書1枚でも、優良な業者かどうかの見極めポイントが3つあります。まず1つが「解体工事の内容が明記」。工事内容が、解体予定の建物であるかどうか確認して下さい。2つ目が「解体工事でかかる総額」。見積書に書かれている総額と同じかどうか。3つ目が「工事にかかる期間が明記」。悪天候にみまわれない限り、予定通りの工事を行ってくれるかどうか。この3つのことを、契約書に記載されているかチェックしてからサインしましょう。

業者探しで失敗しないために

上記の項目で紹介した解体工事業者の探し方を実践すれば、少なくとも悪徳な業者に引っかかる心配は少なくなります。
しかし、複数の業者を大阪などで見つけるのは人によって手間と労力がかかります。そこで、役立つのはマッチングサイト。その利便性はどれほどなのかを見てみましょう。

本当に便利?利用者が語る解体業者マッチングサイトの利便性

安い値段を提示してくれました (53歳 男性)

マッチングサイトで紹介していただいた業者の方が、安くて見積もり内容が明確でした。自分でも、色々と業者を回ってみましたが、どこも高くて見積書が不明確なものばかりでした。他のところに頼んだら、費用的にこちら側が損していたかもしれません。本当に頼って良かったと思っています。

解体の他にも色々やる業者でありがたかった (48歳 男性)

マッチングサイトでは、3つの業者を紹介してもらい、その中でも安くて印象がよかった業者にお願いしました。作業の手際はスムーズでしたし、建物の解体だけでなく敷地内の掃除までしっかり行ってくれたことに感謝しています。

サービス内容が明確でした (43歳 男性)

時期的に、冬だったので降雪の影響を危惧していました。しかし、マッチングサイトに紹介していただいた業者は、すぐに対応してくれたので助かりました。降雪の前に、自分の土地にあった空家をなくせたのでホッとしています。

[PR]
大阪の業者に住宅解体を依頼
施工価格を問い合わせよう

手間なく良心的な解体工事業者を発見!おすすめネットサービス

重機のおもちゃ

工場から内装解体まで経験豊富な業者を見つけられる!

マッチングサイトの利点は、一般家屋は勿論ですが工場やビル・マンションなどあらゆる建築物を解体してきた経験豊富の業者を見つけやすいところです。スケジュール的に、忙しくて業者探しが進まない人には嬉しいサービスといえます。

便利でも見積もりは必ず請求する!

解体工事業者のマッチングサイトは、基本的には無料で利用できます。ですが、マッチングサイトは契約業者が依頼者から受け取った解体工事費用の5〜10%程の手数料を支払う契約を結んでいます。手数料金額が、業者によって異なるのでマッチングサイトを利用する場合は、必ず紹介された業者から見積もりを請求しましょう。

広告募集中